「天皇って何?」と訊かれても、私は答えられません。

それにしても、よく金を喰う「象徴」です。

手抜き & 代用「豚肉ジャガもどき」結構おいしくできました。

「肉ジャガ」に似ている手抜き、省略、代用の「豚肉ジャガもどき」、結構おいしくできました。 必要に迫られてやっている「なんちゃって男料理」の腕前もだんだん上がってきているぞと、自信がつきました。

秋の夜長をいっしょに過ごす可愛い女性の同居人?ができました。

ちょっと指でさわっても逃げようともしません。「あたいの飼い主の爺やは優しい人でよかったわ」と安心しきっているようです。

秋の夜長に、ブログを書いている理由を考えてみました。

ブログを書くことも「独り言」に似たようなものだと思います。読んでくれる人は非常に少ないし、全く何の得にもならないのに、こうして取り留めのないことを時々書いて投稿するのは私の「独り言」「呟き」のようなものです。

秋の夜長に「癖」の遍歴を振り返ってみました。

バーやスナックに飲みに行くことが癖になったバカ中年時代もありました。日が暮れると自然に馴染みのバーやスナックに足が向くのです。何が楽しくてせっせと飲み屋通いをしたのか今では思い出せませんが、確かにこれも癖になるものです。

秋の夜長に句読点付きの喪中ハガキをつくってみました。

喪中ハガキに句読点を付けるかどうか迷いましたが、ひねくれ者の私は句読点を付けることにしました。やはり句読点があったほうが読みやすいし、「、」と「。」がないと締まりがなく、何となく落ち着きません。

あなたはカラスじゃない。リクルートスーツなんかやめましょう!

もし、黒のリクルートスーツではない服装で面接にやって来た勇気ある若者がいたら、私はその応募者を採用の筆頭に推薦します。

この虚無感は、ストレスのように発散・解消することはできません。

歯が1本抜け落ちたら、その有難さがわかります。毛髪が薄くなったら、その有難さがわかります。 無くなってから大切にしようと思っても手遅れです。家族もそれと同じです。

社内バンドの2曲目は、NHK「きょうの料理」のオープニングテーマ曲?

♪クジラをしょうゆに漬けこんで お豆のサヤをむいて 強火で焦げ目をつけて ミディアム・レア~♪ ♪みんなで食べようクジラ みんなで食べようクジラ 一粒残さず食べよう グリーンピース♪ まるで、クジラ肉のCMソングみたいです。

雇用契約の更新をしないことを決めたのに、まだ通勤しています。

会社には私の我が儘を聞いてもらって、午前10時出社のフレックス制にしていただきました。

妻をなくして2ヶ月目、緩和ケア病棟の看護師さんから手紙をいただきました。

自分はひとりじゃないんだ。こんな老いぼれでも気にかけてくれている人が何人かはいてくれるんだと、胸を熱くして思い知りました。

社長の奥さんから料理本のプレゼント!サプライズに感激しました。

どんな高価な物より、今この時の私の心の隙間をそっと埋めてくれた、こんなプレゼントって本当に嬉しいものです。

一人になって、気が付けばブツブツと独り言を言ってます。

安物のウィスキーを舐めつつ、「孤独っていいな~」とやせ我慢しながら、涙腺を緩めて暮らしていくことになるのだろうと思います。特殊清掃人にお世話になる可能性が大きいようです。その節はよろしくです。

妻が子どもに注いだ愛情の深さ、強さを再認識しました。

実際にお腹を痛めて出産する母親と、生殖本能だけの父親の子どもに対する愛情の深さの差を、この歳になってまざまざと痛感させられました。 妻に「ありがとう」と心の中で手を合わせました。

妻に先立たれて変わったこと。

今、私の生活に会話がなくなったこと、料理をするようになったこと以外にも、以前と変わったことがいくつかあることに気付きました。